ミネやんのSS捕物帖(その1)
SS撮影時に色々なやり方があるかと思いますが、その1では松明を使った例を記載してみました。
すごく低レベルかと思いますが...何かの付け出し程度にでもお役に立てれば嬉しいですぅ。
①素の状態で夜のリバーウッドにミネルバくんを呼んでみました。
夜や洞窟内では、月の明かり等と逆方向では以下のように真っ暗になりますね。
SS撮りにはなくてはならない「Face Light by tktk」を使用してみましょう。
②Face Light by tktkを使用した場合
Face Lightを使用してみました。いい感じで顔が明るくなり表情も解りますね(^o^
足元まで明るくしたいな~という思いから、松明を使ったらいいのではと思いやってみる事にしました。
では次に松明を持ってみましょう。
③松明を持たせて撮影した場合
Face Lightを外して、松明を持たせて、コンソールコマンド「tm」で撮影してみました。
しかし松明が邪魔ですね...ここでコンソールコマンド「tfc」を入力してみましょう。
④"tfc"を使って松明を消去
"tfc"を入力する事で、松明の明かりを照らしたまま消す事が出来ます。プレイヤーは1人称でSSすれば自由にカメラを移動しても自身が写らないので便利です。
ただし、Face Lightと違って周りも明るく照らしてしまうので、その場によって使い分けると便利かと思います(^o^
⑤戦闘時の松明撮りを使用した一例。
戦闘時はある程度プレイヤーが松明を持って照らされる範囲内から"tfc 1"で停止させると上手くいく時がありますぅ。
"tfc 1"の後はカメラのみ移動するのでプレイヤーが動けないのが難点ですが(^_^;
⑥松明撮りを使用した一例。
カメラの角度や深度などを変えて撮影すれば、バックは薄暗く被写体は全体が明るく撮影出来るかと思います。
プレイヤーが被写体に近づけば近づくほど明るく写りますし、遠ければその分明かりを抑えられます。
Face Lightと一緒に色々な場面で使い分けて使用するといいかなと思います~最後まで見て頂きありがとうございました(´ω`)

Copyright(C) 2014 Minerva de Skyrim http://minerva-net.sumomo.ne.jp/
by Minerva All Rights Reserved.