Combat Style作成による自由な戦闘スタイルを作る
前回はCombat Styleの作成による戦闘スタイルを作りました。今回は基本の二刀流と弓以外に杖も併用して使用出来るのか実験してみました。
なお、戦闘はスタイル以外にAIやアタックデータ等多種多様なものが混じり合わさって形成されているので、あくまでも一つの実験という事でご覧下さいm(_ _)m
①Combat Styleの調整
CombatStyleのGeneralタブにあるEquipment Score Multsの項目の「Staff」の数値を上げて、使用してくれるかどうかを実験してみます。
前回は近接を9,弓を8くらいに設定していたので、今回は「Staff」を7くらいに上げてみました。下のSSは調整前です。
②実験の結果
近接9、弓8、杖7くらいの割合で、ブリーク・フォール墓地を最後までやってみました。
結果は、杖を全く使用する事なく、近接は二刀流・遠距離は弓で攻撃していました。
よく考えてみると、ダメージの比率の高いものを選ぶ習性があるので、杖は炎でも8ポイント程の威力しかなかったので、弓と杖とでは差がありまぎるのかなと・・・
という事で、次は弓の威力が26前後だったので、杖の8を割って約3倍、Equipment Score Multsの項目を弓を3、杖を8程度の3倍増しとして逆転させてみる事にしました。
③再度実験の結果
うまく杖も使用してくれるようになっていました。近接では二刀流、遠距離では杖と弓を併用するといった感じになりました。
杖で届かないと、少しすると弓に切り換えて攻撃。移動しながら敵の近くにくると二刀流に切り換えるか、片手は杖といった感じでした。
何度かやり直しながら戦ってみましたが、近接9(これは変更なし)、弓3~4、杖7~8強あたりの調整が3つの武器をうまく使ってくれていました。
試しに、弓を攻撃力の高いものに変更して実験しても結果は同じだったので、未だに何故この調整でうまく使ってくれるのか解りませんが、とりあえずOKかなと(汗
色々な武器に変えて戦ってくれるのは見ていてもおもしろのでいいかも知れませんね。
④最後に
最後に、この調整で実験しましたSSを何枚か貼っておきます(^^
あまりにCKで調整やり直したりセーブし直したりしたので、途中から顔の出力がおかしくなってしまいました(爆
こういう時の為に雛形が完成した時点でのバックアップをお奨めします(汗
SSは全て「AIR ENB」を使用して撮影しています。

Copyright(C) 2014 Minerva de Skyrim http://minerva-net.sumomo.ne.jp/
by Minerva All Rights Reserved.